18歳未満の女性が登録している可能性があり、関係を持つと法的には男性が罰せられます。

MENU

出会い系で起こり得る被害

 

サイト上での被害

 

悪質なサイトが存在する以上
出会わなくてもサイトを利用するだけで被害に遭うケースがあります。

 

この場合、高額な料金を請求される被害がほとんどです。

 

では、なぜそういった料金の請求が起こり、それを支払ってしまうユーザーがいるのでしょうか。

 

出会い系の場合、料金の仕組みとしてポイントを購入して利用するスタイルが一般的です。
そして、悪質サイトの場合、この仕様に二つのワナを仕掛けてあります

 

一つはサクラを使うことで、サクラと知らずにその女性と交流を狙う男性が、
無駄にポイントを購入してしまうのです。

もう一つは、料金設定自体を高額に設定していることです。

 

「高いのになぜ使うのか?」
一般的にはそう疑問に感じるでしょうが、これはユーザーの知識不足が原因です。

 

料金の相場や料金発生のタイミング、これらの模範を知らないことで、
悪質サイトの料金提示を受け入れてしまうのです。

 

 

 

出会うことでの被害

 

実際に女性と出会ってエッチもできた、一見おいしい経験に思うでしょうが、
ある事実によっては、この行為が男性の破滅を招きます

 

それは女性が18歳未満だった場合です。

 

18歳未満の女性とエッチすることは、淫行の処罰の対象になります。
この時、例え相手の女性が年齢を偽っていたとしても、法的には男性が罰せられます。

 

被害であることには間違いないものの、この場合、世間的には男性は加害者となり逮捕されます。

 

 

 

被害を防ぐためには?

 

人差し指を立てる女性のイメージ

ここで挙げた被害を防ぐには正規の料金を採用し、
なおかつ18歳未満の女性が100%利用していない安全な出会い系サイトを利用することです。

 

こうしたサイトは優良サイトと呼ばれ、
この優良サイトを判断できる能力と知識を得ることで、
出会い系における被害を防ぐことができるのです。

 

このように、悪質な出会い系サイトを利用してしまうことで、利用自体はもちろん、実際に出会った際にも被害が起こり得ます。

 

被害を防ぐためには安易に利用せず
優良サイトかどうかを判断することと、それを判断できるだけの力が必要になってくるのです。