利用者の年齢層の違いは、出会い系サイトを利用する目的が違うことも影響しています。

MENU

出会い系の年齢層

 

出会い系サイトを利用する年齢層を考えてみましょう。

 

出会い系サイトの種類にもよりますが、出会い系サイトの主な利用者層というのは、やはり20代から30代がもっとも多いといわれています。

 

ただしスマートフォンの利用率が増えて、出会い系サイトやSNSの利用率が増えてくるとあらゆる年齢層で出会い系サイトを利用することが多くなってきています。

 

20代、30代という若い世代がもっとも出会い系サイトを使う主な層といわれていますが、40代、50代といった中高年の世代も出会い系サイトで出会いを求めて利用することが高まってきました。

 

年齢層の強弱

 

出会い系を利用する女性

また女性と男性では出会い系サイトを利用する年齢層の強弱というのは違うこともわかっています。男性の場合は、20代だけでなく30代、40代の男性も積極的に出会い系サイトに登録していますが、女性の場合は20代から30代前半を中心とした年齢層がメインになります。

 

男性にとってみれば女性は若ければ若い方が良いし、10代20代前半の女性というのはもっとも新鮮で恋人関係になって恩恵にあずかれるので、出会い系市場でも人気です。

 

逆に結婚をしたいばかりに出会い系に参入してくる30代以降の女性というのは、男性にとってみれば賞味期限を過ぎたおばさんの仲間だと思われている傾向があります。

 

ただ男性というのは、10代20代よりも30代、40代、50代の男性の方が経済的に有利な場合が多いので、出会い系市場でも力のある出会いができることから参加層は多いです。

 

また女性の場合は、男性よりもお付き合いする異性の年齢層の許容量が広いことから、男性の出会い系サイトの利用率は高いということもできるでしょう。

 

このような形で男女で出会い系の利用する年齢層というのは違います。
また厳密に言うとこういった利用者の年齢層の違いというのは、出会い系サイトを利用する目的が違うことも影響しています。